テントが水をはじかない・・・撥水機能を回復させよう

テント
スポンサーリンク

購入して3年目のテント

購入して3年目。多分50泊くらいしているテントかなぁ。

雨に降られた次の朝のことです。朝起きると、びしょぬれのわが家のテント。

しかし、隣の区画の新品テントは、ちゃんと水をはじいていて、全然濡れていない感じ。

その時、はじめて、こりゃいかん。なんとかせぬばと思いました。

そのテントは、スノーピークのトルテュライトです。

スノーピークはテントのクリーニングサービスはあるのですが、撥水サービスはないのです。

クリーニングサービスもすごく高い。テントのクリーニング&撥水サービスをしているところも、ツールームとなると、お高いんですよね~。

検索しました

困った時のグーグル先生で、検索開始。

すると、ありました。ありました。

CAMP HACK[キャンプハック]さんのページです。

テントの防水性能は復活する!長持ちのコツとおすすめ防水剤10選 | CAMP HACK[キャンプハック]
テントのおすすめ防水剤や、シートを敷くといった手入れ方法、フライシートの縫い目のメンテナンスを紹介!スプレー剤、シリコン剤は種類があって悩みますよね。素材の用途から使い方をまとめてお届けします。これでテントの防水をマスターし、最強テントを手に入れましょう!

やった~ これで高いお金をだして、どこかに頼まなくてすむ~

どこで作業するか

ツールームテントなので、結構な大きさです。

キャンプ場でテントを張るのがよかろうという話になりました。

私たち夫婦は、無料バーベキュー場の彩湖・道満グリーンパークを作業場としました。

彩湖・道満グリーンパーク | 戸田市水と緑の公社
財団法人戸田市水と緑の公社は、花いっぱい運動や緑に親しんでいただくための活動をしています。その他にも彩湖・道満グリーンパークの管理を行っています。

埼玉県戸田市にあります。かなり広いところなのです。そして、地面は土とか砂でなく、芝生なので、テントを広げても汚れない!

どんな方法で撥水させるのか

皆さんがバーベキューをしている所でスプレーを使っていたら、迷惑になるであろうということで、スプレータイプはやめにして、塗布タイプにしました。

使用したのはこちら。

ツールームテントで、4本使用しました。

まず、テントは前回使った時に、汚れているところを拭いておいたので、結構きれいな状態でした。

夫と二人でいざ開始!

①テントを芝生の上に、テント上部、一番高い部分に塗ることができるように、広げて、塗布。
②曇りだったが、10分程度で渇いたので、テントを設営し、区画毎に、塗布。

付属のスポンジでテントが濡れてしっとりするぐらいに、ひたすら塗る。それだけです。渇くのも含めて3時間くらいの作業だったかな。

用意すると良いもの

念のため、眼鏡やマスクがあると、なんとなく安心。そして、キッチンで使う、洗い物用の手袋もあると、手があれなくて良いと思いました。

私たち軍手で塗布しましたが、濡れてしまい、薬品が手についてしまいました。

感想

塗布作業は、晴れていたり、風が強かったら、すぐ乾くだろうなぁという感じ。多分、塗ったそばから渇くのでは。スプレー対応は、風で流れてしまうそうで、塗布タイプでよかったと思います。やっている人を見かけたけど・・・効率が逆に悪そうでした(個人的意見です)

さて、次のキャンプの時、早速、雨が降りました。

やっててよかった! 水がテント上部から、流れていきました。

ケチケチキャンパー、お金持ちでないので、自分達でメンテナンスしながら、大切にテントを使っていきたいです!

タイトルとURLをコピーしました